スポンサーリンク
読書記録

【考えることができるのは頭だけじゃない】明日のマーチ / 石田衣良【あらすじ・感想】

歩く。歩く。歩く。ただひたすらに歩く。「1日だけ」といって始まった4人の足跡は、いつのまにかたくさんの人たちや国を巻き込むムーブメントになっていきます。正直、現実的かどうかで言えば、素直に頷くことはできません。ただ、「歩く」ということにここまでフォーカスをする小説は初めてでした。
読書記録

【鍵は小さな勇気】夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え / 水野敬也【あらすじ・感想】

夢をかなえるゾウ、第3弾。ガネーシャはこてこての関西弁を話すゾウの神様。「こんなやつは神様でも何でもない!」...ですが、その裏に隠された真意に気付いた時、「こんなに自分のことを本気で考えてくれる人に出会ったことがあるだろうか?」心からそう思える瞬間が訪れます。
読書記録

【全てを手放すことで初めて気付く本当の豊かさ】しあわせのパン / 三島有紀子【あらすじ・感想】

暖かいパンとコーヒー、そしてカフェを営む夫婦の人柄で心をそっと優しくほどいてくれる。そんな作品です。これは、カフェマーニに訪れた、悩める人たちのお話。
読書記録

【子供から大人になるとは?答えは歩いた先にある】夜のピクニック / 恩田陸【あらすじ・感想】

歩行祭という、"夜通し歩き続ける行事"を舞台にした青春小説。ただ歩くだけであるのに、登場人物の思惑やアクシデントが混ざり合い、単調さとは無縁の展開に驚きました。子どもから大人になるとは?成人式のようなイベントはあれど、明確な大人と子どものラインはわかりません。
読書記録

【人間は自分の意志一つ】心を強くする 「世界一のメンタル」50のルール/サーシャ・バイン/高見浩【あらすじ・感想】

メンタルを強くする為には? そもそもメンタルの強さとは? 世界一の女子テニスプレーヤー、大坂なおみ選手。 彼女を世界一に導いた名コーチ、サーシャ・バインが書き下ろした1冊。 トップアスリートのメンタルコントロールの術は、ビジネスや日常におい...
読書記録

【幸せの条件 / 誉田哲也】農業が教えてくれる”本当の幸せの在り方”【あらすじ・感想】

幸せとは何なのか? たくさんのお金を稼ぐこと。 誰かから必要とされること。 "幸せの条件"は人それぞれ。 様々な面で発達してきた現代社会において、本当に大切にすべきことを考えさせてくれる作品をご紹介いたします。 (function(b,c,...
読書記録

【見えないから見える光】ブラインドから君の歌が聴こえる / サミュエル・サトシ【あらすじ・書評】

順風満帆に思えていた人生に、突然大きな壁が立ちふさがる。 「こんなはずではなかった」 「なぜ自分なのか」 そんな絶望の淵から立ち上がっていく、強さも弱さもさらけ出した男の闘う姿を描いた作品をご紹介いたします。 【HOME MADE 家族のM...
お問い合わせ

お問い合わせフォーム

Loading…
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました